家庭教師の料金形態


家庭教師を頼むときには、当然料金がかかります。 塾に行くのにはお金が必要になるのと同じです。 昔は個人の家庭教師が多かったので、通常は月謝とひとくくりにして料金を支払うのが一般的でした。 しかし、現在では派遣の家庭教師が多くなっているので、料金形態が分けられているのです。 分けられていることをきちんと公表し、説明を行っていれば問題はありません。 中にはきちんと説明を行わないところもあるので注意しましょう。基本的には4つに分けられていると言えます。


1つ目は入会費です。派遣家庭教師を利用する場合には、かなり高い確率で取られる料金ですが、無料としているところもあります。 2つ目は指導料です。管理費やサポート費と呼ばれることもあるのですが、この料金は必ず取られます。 3つ目は交通費なのですが、交通費も通常支払うことが多いので、事前に確かめておきましょう。 4つ目は教材費ですが、他の料金が安くなっていて、後になって教材費の説明が行われ、高い料金を取られるというトラブルもあります。


そのため、入会金を支払う前に、必ず教材費を聞いておくことが重要です。 通常はこの4つの料金が必要になるのですが、他の料金を取っている派遣会社もありますし、もっと少なくなっているところもあります。